美容院での白髪染めってどうなんだろう?

家庭用の白髪染めの品質がアップし、いろいろな種類のものも増えてきたので、「白髪染めは自宅派」という人も多くなってきましたが、それでもやっぱり美容院で染めるという人もいるでしょう。

では、美容院での白髪染めのメリット・デメリットはどんなところにあるのでしょうか?少し考えてみましょう。



美容院での白髪染めのメリット

美容院少し前までは、自宅で染める白髪染めは髪が傷むのが必須で、美容院での白髪染めは髪のダメージが少ないと言われていました。
でも今は、当サイトで紹介している白髪染めのように髪の傷まないものがたくさん自宅用で発売されているので、この定義はあてはまらなくなっています。

美容院で使用する白髪染めは、髪を脱色してから色を入れる、いわゆる「酸化染料」のタイプのものですので、天然染料の白髪染めトリートメントの方が髪は痛みません。
ただ、美容師さんは、お客様の髪の質や状態をみて、最適な染料を選んでいくので、自宅で自分で酸化染料で染めるよりはずっとダメージが少ないのです。
また、染髪後に行う美容院のトリートメントも髪のダメージを軽減する大きな役割を果たしています。ですが、やはり酸化染毛料を使っている以上、多少のダメージは受けていると考えるべきだと思います。

そう考えると、美容院での白髪染めのメリットは、やはり染め残しがなく1度できれいに色が付くことではないでしょうか。

自宅で自分で染める場合は、どうしても染め残しができてしまったり、生え際のギリギリまでは染めることができなかったりします。
また、まばらな白髪ではなく既に全体が白髪の場合は、自宅での白髪染めでは1度で完全に染めることは難しいので、そういう時も美容院の方がやはりおすすめだと言えます。
一度、美容院で全体を染めて、そのリペアで自宅用のトリートメントタイプの白髪染めを使うというのがいいでしょう。

美容院で白髪を染める時の価格の相場は?

さて、美容院で白髪を染めるとなると、気になるのはその価格ですが、どのくらいが相場なのでしょうか?

価格については地域差などもありますが、たいていの場合は5,000〜8,000円位が相場です。
ただし、これも髪がミディアムまでの価格で、長い場合には、ロング価格がプラスされることもあります。
伸びてきた生え際だけを数センチだけ染める場合は「リタッチ」になり、1,000〜3,000円位で施術してもらえます。

カットやトリートメントと合わせると、やはり美容院で白髪染めをしてもらうと10,000円以上はかかります。
毎月・・・となると、少し痛い出費ですね。