どうして白髪が生えてくるのでしょう?

老化に伴い増えてくる白髪。
でもどうして白髪は生えるのでしょうか?
これは老化だから仕方ないことなの?

どうして、白髪が生えてくるのか?この原因については、まだはっきりとは解明されていないそうです。
ただ、髪が黒く生えてくるのはメラニンのおかげで、このメラニン色素の衰えで髪が黒くならないと、白髪になってしまうということはわかっています。

メラニン色素の生成にはチロシナーゼ酵素の働きが不可欠なのですが、このチロシナーゼ酵素の働きが鈍ってくるのが40代くらいだと言われています。
これによって、黒い毛髪ではなく、白髪が生えてきてしまうのです。
チロシナーゼ酵素の働きが衰えるのは、年齢とともに仕方がないことなのですが、過度のストレスや食生活の乱れなどがあると、この老化を早めてしまうことがあるそうです。
頭皮にかかわらず、すべてに言えることですが、より、健康的に暮らすこと、これは老化を防ぐ最善策なのです。
適度な運動、正しい食生活、時にはサプリメントなどでの栄養補給など、できることをしっかり心がけていきたいものです。

残念ながら、一度色素を失った髪はもう、色がつくことはありません。
この場合は切るか、染めるしかないのです。
しかし、新しい白髪を増やさないように、健康的な生活を送るように気をつけましょう。

若白髪には気をつけよう

加齢による白髪は仕方がないとしても、「若白髪」の場合は少し注意が必要です。
遺伝により、若いうちから白髪が出てしまう人もいますが、あまりに急に白髪が増えた場合は、なにか内蔵の病気を疑ってみる必要もあるようです。
メラニンの生成ができなくなっている内部的要因があるかもしれません。
また過度のストレスが原因になっている場合もあります。

できることならいつまでも自分の黒髪のままでいたい…これは女性だけではなく男性も同じ気持ちかもしれません。
しかし、加齢による白髪はある程度は仕方がないものです。
昔のように髪を傷めるだけの白髪染めはずいぶん減ってきましたので、白髪染めも楽しめる時代になりました。
どうか、白くなった頭に嘆くことなく、新しいおしゃれを楽しんでいただきたいものです。